複雑かつ紛争性の高い相続手続きの際には弁護士に相談することが重要

身近な人を亡くすのはとても哀しいことです。

しかし葬儀を終えると、哀しみの余韻に浸っている余裕もないほどの諸手続きが始まります。そのほとんどは相続に関することに尽きるでしょう。これらに関しては遺族が自分の手で処理できる簡単なものもあれば、弁護士や司法書士といった士業に間に立ってもらった方がスムーズにいくものもあります。

たとえば故人が遺言状などを遺している場合には、それらの相続内容によっては親族間での財産配分などをめぐって揉め事になりかねません。また故人の死去に伴っては遺族も預かり知らない血族が現れたりもするので、思いがけないトラブルに見舞われるなど精神的な負担も大きいものです。

その不安の火種が少しでもある場合には弁護士に相談したうえで、その中立性の高い立ち位置と専門的な知識のサポートによって他の親族との交渉にあたってもらうことが重要です。関連資料-慰謝料 弁護士 ... アディーレ

また複雑な相続事務や、場合によっては法廷における手続きなどにも代理人として参加してもらうことが可能です。